【尾崎豊】ファン歴25年がおすすめする名曲10選!【尾崎豊・入門編】だよ!

スポンサーリンク

4月25日は尾崎豊の命日でした

僕は多感な高校生の時代に尾崎豊に出会い

尾崎豊に多少なりとも人生を左右された一人です

どんだけ影響うけたかっていうと、
ギターを始め、弾き語りをし、盗んだ落ちてたバイクで走ってみたり、
私服はジーンズに白Tだったり、きしむベッドの上で優しさ持ち寄ったりしてた。

さすがに夜の校舎のガラスは割らなかったけどねw

f:id:momotaroux:20170421224858j:plain

当時、バイトして買ったオベーションのエレアコ(エレクトリックアコースティックギター)。

今はだいぶ古くなってしまったけど、写真の画像より現物は全然キレイです

『尾崎弾き語るならコレしかねー!!!』って勢いで購入しちゃた

だって欲しかったんだもん。

尾崎とオーベションっていったら【牛乳とあんぱん】くらい最強の組み合わせじゃん!?

当時6万くらいしたと思う。高校生の僕には高すぎた買い物だけど、欲しかった、尾崎になりたかった、友達と一緒に歌いたかったんよ!!

 

その位、尾崎豊に憧れ、愛した僕が尾崎豊の名曲達を紹介します!

尾崎豊がデビューしたのが1983年、もう35年近く前になるから知らない人も多いと思うので【尾崎豊・入門編】って事で

【わりとメジャー&僕のおすすめ】って曲を選曲していきます。

I LOVE YOU

収録アルバム 十七歳の地図

だいたいの人たちが【尾崎豊】といったら、この曲を連想するのじゃないでしょうか。
あまりに有名過ぎて【入門編】でも紹介するのためらいました

しかし名曲は名曲。
僕の場合、まるでファッションが流行するサイクルのように、聴きたくなったり、お腹いっぱいになったりを繰り返している曲。

青くさい詞を敬遠した時期もあったり、『やっぱラブソングは【I LOVE YOU】が史上最強!』って思う事もあったりと、もう10周くらいしてる

カラオケで『尾崎なら歌える』と言うと、女の子に『歌って♡』と頼まれ率NO1。
裏声の部分をハズすと二度と頼まれなくなるので注意!! 

15の夜

収録アルバム 十七歳の地図

英題 『The Night』

『盗んだバイクで走り出す』で有名なこの曲。

実はおすすめには入れてみたけど、ぶっちゃけ今のティーンエージャーに共感できる曲かというと、???であります。

歌詞は学校や教師に対しての【反社会性】が強く打ち出されてますが、たとえば教師の【体罰】が異常に問題視される今ではさほど感情移入ができるとは思えませんし、

冷たい風 冷えた身体 人恋しくて
夢見てる あの娘の家の横を サヨナラつぶやき 走り抜ける

2番の冒頭の歌詞ですが、きっと今の中高生はSNSでつぶやくでしょうし、寒空の中、好きな女性の家の前でこんな行動をっとたら『キモッ』って思われそうですね

とは言うものの、リアルでは共感できないかもしれませんが、感覚的、または社会のルールに対してのメッセージと、とらえればアラフォーの僕ですら今だに聞き入ってしまう一曲であります。

【学校】を会社、【大人達、教師】を上司と当てはめるとビックリするくらい今でも共感できます。

十七歳の地図

収録アルバム 十七歳の地図

英題 『Seventeen's Map』

疾走感溢れる痛快なロックナンバー

尾崎のデビューアルバムである【十七歳の地図】のタイトルトラックですね。バンドのサウンドも尾崎のシャウトも最高にいかしてる!

あと歌詞!十七歳の恥部←さっきから何回も打ち間違えるww(犯罪)

今 心の地図の上で 起こる全ての出来事を照らすよ
seven teen's map

【心の地図】って今でいうマインドマップですよね。
すごくない?リリースされたの1984年ですよ
当時の17歳でこんな歌詞書ける人なんておる?

メロディも歌詞にも衝撃を受けた一曲! 

OH MY LITTLE GIRL

収録アルバム 十七歳の地図

恥ずかしい話します。
高校生の時、彼女の誕生日プレゼント買うお金がなくてギターでこの曲を歌ってあげましたww
反応は『あっ、う、うん、あ、ありがと。』
ギター弾き語り初心者だった僕にはコードが難しくて…今でも後悔してる…
恥ずかしくて誤魔化すのにすぐエッチに持っていったうんこ野郎です

でも彼女の誕生日に歌ってあげたいくらい最強のバラード。
【I LOVE YOU】より、ピュアな感じに仕上がってて、歌詞も明確にイメージできるような現実感があります。

女の子には『I LOVE YOU』よりコッチのがおすすめ!

僕が僕であるために

収録アルバム 十七歳の地図

英題 『My Song』

 僕が1番好きな曲。

これは高校時代から変わらないです
もう、ずっと好き、永遠と好き

勝手に自分の人生の主題歌にしてる

誰がいけないとゆう訳でもないけど
人は皆わがままだ

2番の歌詞。その通りだと思う。人は皆自分の幸せの為に生きていると思う。
それはあたりまえの事であって、人間としての権利ですよね。

僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない

サビの部分。『勝ち続ける』とは【周りの人達】になのか【会社】になのか【自分自身なのか】ひとそれぞれだと思います。

自分が納得できる人生を送るには自分の幸せの為に生きてる人自分の弱い心に勝ち続けなきゃならない。

それも周囲の人達から見るとわがままに見えるのかもしれない。

ちょっと訳わからん説明になってしまったけど、とにかく強く生きて行こうと思わされる超名曲。ぜひぜひ聴いて欲しい

ダンスホール

収録アルバム 回帰線

英題 『Dance Hall』

ダンスホールに通う少女を題材にしたバラード。

当時、ディスコで起きた少女の殺人事件を元に作られ、被害者の少女へ送るレクイエムと言われています。

楽曲はとても綺麗なメロディで、ギターのアルペジオがたまなく良い。

楽曲全般に漂う昭和のディスコのイメージと、今のクラブ等で遊んでいる少女達との対比が陰と陽な感じで妙に切なくなります。

卒業

収録アルバム 回帰線

英題 『Graduation』

この曲も説明不要の超有名曲ですね。

攻撃的な歌詞とは反してピアノによる美しいメロディ。

【15の夜】と並ぶ反抗ソングの代表格です
反抗ソングって言うのはあまりに短絡的ですが‥
一般的にはそうとらえられてるでしょう。

歌詞については共感できる人もいるだろうし、『何言ってんのこの人?学校イヤならとっとやめちゃえばいいじゃん』と思う人いるでしょうね。
聴く人次第でいろんな感想があるとおもいます。

個人的に聴いて欲しいのは成人式で暴れる予定の人たちかなー
この曲をきいて『そのとおりだぜー!ウェーイ!』ってさらに暴れるのか、
『俺たち20才にもなって、なにやってんだろ!?』ってなるのか反応を見てみたいです。 

シェリー

収録アルバム 回帰線

英題 『Shelly』

好きな曲なのは間違いないけど聴くと疲れますwww

すごく痛々しく当時の尾崎豊という人間の苦悩を吐き散らかした曲に感じます。
個人的な感想ですけどね

この曲もカラオケでたまに女の子から歌ってと頼まれる事があるのですが、ラブソングだと思ってんのかなー?

Forget-me-not

収録アルバム 壊れた扉から

Forget me not=『勿忘草(わすれなぐさ)』

名曲中の名曲!

間違いないです、最高すぎる。

音楽にわかの僕がこの曲の良さは言葉に出来ません。

とにかく一度聴いてください(懇願)

太陽の破片

収録アルバム 

街路樹(2枚組スペシャルエディション)(Blu-spec CD)

英題 『SCRATCH OF THE SUN』

1987年に尾崎豊は覚醒剤で逮捕され 、再活動の第1弾として発表された楽曲。

ドラッグを使用するまで追い詰められた精神状態の中で生み出されたこの曲からうける感想は、【曲というより絵画に近い】です

誰も手を差し伸べず 何かに怯えるなら
自由 平和 そして 愛を何で示すのか

孤独と闘い、本当の自由とは、平和とは、愛とはなんなのか。
苦悩し、もがいた末に画家が描いた絵画のような印象を受けます

ごらん 僕を 太陽の破片が 頬をつたう

と曲を締めてます。『太陽の破片』が涙なのか、希望なのか僕にはわかりませんが、『尾崎豊』という人間は正真正銘のアーティストなのだと感じさせる曲です。

最初で最後のテレビ出演(夜のヒットスタジオ)した曲でもあります。

こんな中二病チックな仕草が似合う人を僕は他に知りませんww

まとめ

だいたいの楽曲が十代の頃の歌になってしまいましたねww

でも小難しい事考えずに聞きやすくて尾崎豊の良さを知りたいって方は
ファーストアルバム、セカンドアルバム、サードアルバムを聞いておけば間違えないと
思います!

言わずと知れたデビューアルバム。全曲最強!買って損なし!
ぼくは今までに3枚かいました!

 

まだ不良っぽさが残るが少し大人感が漂いはじめるアルバム。
コイツも最強絶対買い!

 

ロックナンバーからバラードまでファーストアルバムから成長した尾崎が感じられるアルバム。Forget me notもこのアルバムに収録。

 

もちろんまだまだ良い楽曲は沢山あります。

ただ尾崎の十代の頃の曲は本当に良曲が多いのもたしかです。
【入門編】ですしね。

ファーストアルバムの『十七歳の地図』は全曲『神曲』といってもいいくらいです。

機会があればシングルやベスト盤に入ってない曲もご紹介しようとおもいます!

ここまで読んでくれてありがとうございます!

 

おしまい!